先日の記事「交易新世紀」といっしょに見つけた本、「華麗なる?航空業界へようこそ」(著:植村綾、刊:幻冬社)を読了。
航空業界にいた方のエッセイというか、お仕事のエピソード集。

パイロットやCA(キャビンアテンダント、フライトアテンダント)の書いたものはけっこうあるが、この本の著者はグランドスタッフ(空港カウンターなどのお仕事) → CA → 航空貨物業界と渡り歩いたという面白い経歴だというので興味を持った。
グランドスタッフ → CA という経歴は珍しくないそうなのだが、そこから貨物の世界に移るのは珍しいと思う。
扱う対象が、人から貨物とガラッと変わるわけだから。

本を通じて感じられたのが、華やかだけではなく苦労もトラブルも多い航空業界での仕事に、やりがいやプライドを持っている姿。
ちょーっと自慢げがところが鼻に付く人もあるかもしれない筆致だが、そこは自分の歩んできた道に自信があるからだと思う。

エッセイなので、中身について書いてしまうとネタバレになるだろうから書かないが、面白かったものを1点挙げると「航空貨物で運送されるような”高級なカツラ”は、Just on Time が求められる」ということ。
運賃が高いにも関わらず航空運送が使われる理由のひとつに「適時性が重要な場合」とは、いつも私が授業で話していることだが(例えば、解禁日に間に合わせるためのボジョレ・ヌーボーの運送など)、かつらもその用いられるとは気付かなかった。
なぜなのか興味を持った方は、この本を読んでみてほしい。

どうしても裏方的なので目立たない航空業界のパイロットやCA「以外」の職種。
だが、面白いエピソードや、困ったトラブルが毎日といってもいいほど起こっているのも事実。
現場を知ってる方がもっとこういう話を紹介してくれたら、学生も興味を持ってくれるだろうにと思うのだが。