今日は公共職業訓練の貿易実務科2015年1月訓練の最終授業日。
毎クラス個性があるものだが、今回のクラスは、とくに真面目なクラスだった気がする。

職業訓練は資格取得講座じゃないが、やはり資格試験のような期日が決まった目標がないと勉強というのはやりにくい(ペースでも、モチベーション維持の面でも)。
それで、今回のクラスでは、貿易実務検定の3月試験を当面の目標にした。
1月開講のときでいつも悩ましいのは、通常の月だと1日にスタートするところお正月で開始が遅れることと、2月は28日しかないことで、3月検定試験までの日数が少し少ないこと。
とくに、今年はお正月のカレンダーの都合で開始は約1週間遅いし、毎回第1日曜日に開催される検定試験が3月1日だという、これまでで一番試験までの日数が少ないスケジュールになってしまった。
授業回数が少なかった分、授業ペースも早くなってしまったが、先週末発表された合格者番号では皆さん合格されたようでよかった。
(もっとも、自己採点で既にわかってはいたことだが。)

となると、試験が終わったらレームダック状態で授業への熱心さが下がるかと思いきや、そんなこともなく、最後まで熱心に取り組んでいたのはさすが。
居眠りなく講義を聴いていただけでなく、1、2月が少ない分、3月が多くなったその分たくさんすることができた書類作成演習や、グループディスカッションによるトラブル対応演習&発表にも、みなさん熱心に取り組んでいた。

訓練終了までに就職されて就職退校された方もおられるが、明日の終了式以降に就職活動をして、新たな仕事に挑もうとする訓練卒業生の皆さんに、明るい将来への道が開かれんことを!