GW中、実家で掃除していたときに出てきた(発掘したといってもいいレベル)カセットテープ。
関西の長寿ラジオ番組、朝日放送の「おはようパーソナリティ 道上洋三です」(通称、おはパソ)の番組録音テープだった。
むかーし昔、もう35年位前に、今も「こどもの詩」としてあるコーナーの前身「子供の心」で、当時小学生だった私の詩が読まれたときのもの。

おはパソテープ

今はプロセスが違うのかも知れないが、当時は朝日新聞の「小さな目」コーナーに掲載されたものが、後日、おはパソでも読まれたという形。
なので、テープと一緒に、詩が掲載された朝日新聞と、記念メダルなども一緒に出てきた。
(どういう経緯で新聞に詩を送ったのかは、もう覚えていない。)
ちなみに、これらの詩の件とは別に、やはりこれも小学生時代にテレビ出演したときのビデオテープも発掘。

ここで問題になったのが保存状態。
新聞が赤茶けているのはもうどうしようもない。(なにせ田中角栄の判決がどうのという記事が出ているぐらいの昔)
しかし、新聞の場合は、欲しければ縮刷版なり電子化されたものからコピーをしてもらえばいい。

やっかいなのが、カセットテープとビデオテープ。
カセットデッキも、ビデオデッキも、下手するともうじき生産されなくなるかもしれないので、今のうちに電子データに変換したいところ。
まあ、もう何年どころか、何十年も再生していない(デッキを通してもいない)ので、既にテープの磁気がもうだめになっている可能性もあるのだけれど。
調べるとPCとデッキをつなぐことで変換できるソフトもある様子。
しかし、これだけ長い間再生をしていないと、デッキにかけるとテープが切れてしまうんじゃないかとの懸念がある。
そういう変換をしてくれる業者もあるようだが、けっこうお金がかかるみたいだし。

うーん、どうしたものか・・・