神戸税関時計塔の上から昨日は、神戸税関の広報展示室が休日開放しているというので行って来た。

神戸税関庁舎は1927年竣工で、シンボルとなる時計塔を含めてとても趣きがあるので好きだ。
神戸税関が昨年公開の「日本のいちばん長い日」など、戦前が舞台の映画やドラマの撮影によく使われているというのは、以前にも書いた話。
調べて見ると、時計塔のある東側外観が、警視庁旧庁舎(桜田門)によく似ているというのがその理由だそうだ、

今回、入口の案内板に「官庁公開フェスティバル 3階」とあったので、今まで上がったことがない時計塔の3階まで上がった。
ほんとに重厚で、余裕のあった時代というのを感じさせる。

※ちなみにフェスティバルは公務員志望者向けの業務説明会だったので、私が入れるイベントではなかった。
資料だけもらってきたけど。

広報展示室は何度も見ているが、新しく増えていたのが危険ドラッグのコーナー。
昨年4月の関税法改正で「輸入してはならない貨物」となった一方、不正輸入が多いので注意喚起をしているというところだろう。
広報ビデオも一部新しくなっていたかも。

今回ここに来るにあたっては、「イベントなんだから、なにかカスタム君グッズをもらえないかなー、最近はティッシュばかりだったけどなー」などと思ったり。
だが、今回配布されていた資料セットの中には、お面(自分で作る)、折り紙(折ったらカスタム君になる)、栞、絵葉書、ラバーマグネットが入っており大漁!
お面と折り紙はウェブに「プリントアウトして遊んでね!」とあるものと同じだが、それ以外は新着モノ。
カスタム君の画風(税関ごとに違う)や、神戸税関をバックにしている写真を使っているところから、神戸税関がオリジナルで作ったものとわかる。
どれも絵柄が複数種類あるようで、全部もらいたいところだが、そういう図々しいことは止めて、今後のイベントにも参加してボチボチと集めていこうと思う。

カスタム君のお面

カスタム君のお面

 

カスタム君の折り紙

カスタム君の折り紙

 

カスタム君の栞、絵葉書、ラバーマグネット

カスタム君の栞、絵葉書、ラバーマグネット