先日、東京に行った折に、前から行ってみたかった「目黒天空庭園」に行ってきました。

ここは、2013年に首都高速・池尻大橋ジャンクションの上に作られた公園です。
道路のカーブに沿って螺旋状になっている公園なので、上から見ればドーナツのように見えます。
http://www.city.meguro.tokyo.jp/shisetsu/shisetsu/koen/tenku.html
ちなみに、ループの内側(ドーナツの穴部分)は、フットサル場になっていました。

池尻大橋ジャンクション

この道路の延長線上が公園になっている

公園の最上部は建物でいうと9階に相当するので、眺望もかなりよく、気分良し!
遊具の類はないけれども、ぼーっとするのにはちょうどいい場所です。
東屋もあるので、読書しながら過ごすのもアリ。
なお、高いところにあるため、天気のいい日には富士山も見えるそうですが、私が行ったときには曇っていて見えませんでした。

この公園、「屋上・壁面・特殊緑化コンクール」で国土交通大臣賞を受賞したそうです。
たしかに、都会では新しい公園を作るスペースを確保するのは難しいですけど、こういう上方空間をうまく使えば、緑化できる場所はもっとありそう。

これは、今問題になっている「待機児童解消のための保育園用地確保」でも言えることかもと思いました。
たしかに地図だけ見て平面だけで考えると、もう土地はないように見えるけれども、既になにかの施設があるところでも、立体で考えれば、上方にはまだ空間があると思う。
なにせ、お役所の建物といえば、周りは高層建築物ばかりの中に、せいぜい4、5階程度のものを横に広く作ってるものが多いですしね。

保育園を上の方に置けば、不審者侵入のようなセキュリティ面でも、騒音問題でも、いいことが多いと思うのだけれども。

なんにせよ、まさに「都会のオアシス」と呼ぶにぴったりのこの天空庭園、近くに寄ることがあれば、オススメです
(目黒区の公園なので、入園無料です。)

遊歩道

遊歩道が整備されている。

あずまや

東屋もあり、いい眺め