貿易実務、通関士、IATAディプロマなどの資格取得/インターネット講座と講師派遣

よくあるご質問と回答(FAQ)-修了条件、学習可能期間以後

○講座の修了条件はどうなっていますか?

(貿易実務講座)
修了テストで70%以上のスコアをマークされることを、修了条件とし、修了証を発行いたします。

(国際航空貨物取扱士講座)
下の両方を満たすことを修了条件とし、修了証を発行いたします。
・全てのテキスト・パートの学習が済んでいること。
・模擬試験 3回分のうち2回分以上で得点率が60%以上であること。
(各講の確認テスト、前半、後半のテスト、本体コンテンツ総合テスト(2回)の得点率は、
修了条件となっていません。)

○学習履歴を証明できるものは発行してもらえますか?

学習可能期間終了後に、全ての受講者の皆様に、学習履歴証明書をお送りします。
これには、各講の学習済/未学習状況、修了テスト得点が記載されています。
また、修了条件を満たした方には修了証を発行いたします。

○修了テストで1度不合格になると、 修了証を発行してもらえなくなりますか?

修了テストは何度でもチャレンジできます。
そのため、不合格になったとしても、再度チャレンジできます。

また、履歴では最高得点のみが残るため、合格でも得点に満足できない場合には記録更新を目指して、再チャレンジしていただくことも可能です。
なお、一度合格点に達した後に、不合格となった場合でも、合格扱いのままですのでご安心下さい。

○修了証は、なにかの資格になりますか?

当講座そのものは、資格試験・検定ではありませんので、修了証は、履歴書などに記載する資格の証書にはなりません。
ただ、当社印を押印して、その方の学習修了を証明しておりますので、社内研修制度における学習修了証明などにお使いいただくことは一向に構いません。

(国際航空貨物取扱士講座)
当講座そのものは、IATAディプロマ認定試験ではありませんので、修了証は、IATAディプロマ資格証にはなりません。
この資格を取得するには、別途、IATAに受講・受験の申込みをし、試験に合格する必要があります。
IATAディプロマ試験についての詳細は、ディプロマ試験の各実施団体の情報をご照会下さい。

○(貿易実務講座)学習可能期間終了以後のフォローアップはありますか?

学習可能期間終了後は、受講者の皆様に「OB・OG専用ページ」のご案内をいたします。
そちらでは、サブ教材の全てを引き続き、ご覧・ご利用いただけます。
また、ご希望の方には、当講座の監修をしました、貿易実務情報調査会が編集し、当社が発行するメールマガジン「Weekly 貿易情報便」を配信いたします。
こちらには、貿易実務に関係する政府機関からの発表などが掲載されておりますので、講座で学ばれた知識・情報のアップデートにご活用いただけます。

講座のお問い合わせ、講師依頼はこちらから TEL 06-6946-5118 10:00~18:00(土・日・祝日を除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • facebook
  • twitter

貿易実務インターネット講座は、
以下の企業・団体の提携サービスとなっています。関係企業・個人様には受講料の割引が適用されます。



対象:
各地の商工会議所・商工会の会員企業様



対象:
同社登録スタッフ様

PAGETOP
Copyright © 株式会社グローバル・ビズ・ゲート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.