貿易実務、通関士、IATAディプロマなどの資格取得/インターネット講座と講師派遣

貿易実務用語集 - H

HDS
(→ ホット・デリバリー・サービス)

HSコード
HS条約に基づき定められた、商品の名称および分類のコード。
(HS Code、HS番号)
全ての品目の名称とそれぞれに割り振られた6桁の数字によるコードはHS条約締約国で共通となっている。
(HS条約締約国以外でもほとんどの国がHSコードを利用している。)
適宜改訂が行なわれ、現在は2007年版が最新版。
各国の関税率表の品目はこのHSコードの分類に基づいている。
6桁以下は各国で自由に設定することができ、例えば日本ではNACCS用も含めて10桁であるが、HSコードは6桁までである。

HS条約
各国の関税率表の品目分類等を統一し、国際貿易の円滑化に資することを目的とした条約。
正式名称は「商品の名称及び分類についての統一システムに関する国際条約」。
この条約により、全ての品目は数字6桁のコードが割り振られ、これはHSコードと呼ばれる。
また、締約国はこのコードによって自国の関税率表及び輸出入統計品目表を作成し運用することが義務づけられている。

HS番号
(→ HSコード)

国際ビジネスお役立ち情報源

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE


わたしたちは海と日本プロジェクトを推進しています。

 

国際ビジネスお役立ち情報源

  • facebook
  • twitter

貿易実務インターネット講座は、
以下の企業・団体の提携サービスとなっています。関係企業・個人様には受講料の割引が適用されます。



対象:
各地の商工会議所・商工会
会員企業様

 


対象:
貿易事務派遣のリバティー
登録スタッフ様

PAGETOP
Copyright © 株式会社グローバル・ビズ・ゲート All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.