毎年恒例、今年の通関士試験の試験日についてです。
今年(平成30年度)は第52回となりますが、試験日は、10月第2日曜日、つまり「10月14日(日)」であることがわかりました。

長い間、通関士試験は「10月の第1日曜日開催」が通例となっていました。
しかし「通例」というだけで、絶対そうなるというわけではないのです。
ですので、このとおり、第2日曜日となってもおかしくありません。

一方、正確な日程は、通常7月1日の財務大臣公告が出てわかるものです。
しかし、各税関が試験会場となる場所を借上げるための入札情報を公開する「公募公告」にて事前にわあります。
税関によってこの公告が出る日は違いますので、私などは毎年「今年はどこの税関が一番最初に公告を出すのかなぁ?」と思いながら、日々、税関ホームページを見ています。
今年は長崎税関が最速で、4月13日(金)に公告が出ましたが、他の税関も順次出してくるでしょう。
※借上げ期間は試験日前日からとなる税関もあります。

ただ、この公告では、借上げ時間がまだ不明です。
これまでと借上げ時間が同じであれば、試験時間=分量的に例年程度だろうと想像できますが、現状ではこの点は保留ですね。
昨年は急に難易度が下がりましたので、通関士試験自体がなんらかの方針転換をしている可能性もあるので、少し注意が必要かもしれません。

しかし、少なくともターゲットとなる日は確定しました。
本気で勉強を始めましょう!